JPスタイルのキャットフードを分析

JPスタイルはその名前からも分かる通り、全てを国産にこだわった日本製のキャットフードです。無香料かつ無着色なので安心して与えやすいキャットフードと言えます。その内容は小麦粉を始めとする穀物が多めとなっています。それらを酸化させないために自然由来のローズマリー抽出物が使用されていることは大きなメリットです。健康を少し考えた原材料として馬鈴薯たんぱくや削り節ミールも配合しています。国産ということに安心感を抱いている方も多いですが、キャットフードにおいて国産であることはそれほど重要とは言えません。人間の食事において国産が安心なのは、日本が食の安全について徹底した規定を設けているからです。しかし、キャットフードに関しては国際的に見ても日本の規定がそれほど厳しいわけではありません。そのため、国産だからという理由だけでキャットフードを選択するのではなく、しっかりと内容を見極める必要があります。まず、JPスタイルの大きな特徴となっている穀物が多めという点に着目します。穀物がたくさん入っているということは一定のボリュームを確保できるというメリットがあるものの、動物性のタンパク質が足りなくなるというデメリットもあります。そもそもネコ科の動物は基本的に肉食なので肉か魚の成分の必要性が高いです。加えてJPスタイルにはビートパルプやセルロースが含まれていますが、猫の弁を硬くしてしまうといったことも考えられます。JPスタイルは市販で知名度が高いということや、ローズマリー抽出物の使用など優れた点もありますが、総合的に見ればそれほどおすすめできないのが正直なところです。もちろん、猫の中には穀物を特に好んで食べる子もいるので一概には言えませんが、このキャットフードを使用する際には猫の体調に注意を払っておくことが大切です。メリットだけでなく、デメリットも鑑みてキャットフードを検討及び選択する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です