銀のスプーンのキャットフードを分析

銀のスプーンというキャット専用のフードがあります。そのキャットフードに配合されている原料並びに、成分は猫にとってメリットになる成分と、デメリットになる成分があります。因みに銀のスプーン製品はたくさんありますが、一例を取り上げて分析します。猫に悪影響を与える、デメリットな成分であるタール色素は避けるべきです。タール色素とは人工的につくられた色素であり、ブルーベリーやリコピンといった天然色素とは全く違います。キャットフードのパッケージの裏側に成分記載表がありますが、記入されている成分は着色料「赤102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号」といった物が配合されています。それら着色料は製品の色付けをして、見かけを良くする為に使う目的と、品質の劣化を予防する目的で配合するのです。しかし、それら着色料は猫にとってはデメリットであり、食品目的で配合するならば、粗悪な原材料にも成りかねないのです。銀のスプーンは低品質なキャットフードではないですが、合成着色料は気をつけたいところです。続いて、銀のスプーンに配合されている魚介類に分類される、鰹節、マグロミール、カツオミール、チキンミール、煮干しパウダーといった食品は、猫にとってはメリットです。猫は基本的には肉食であり、特に食べ物では魚や肉の匂いが大好きです。肉類、魚類がたくさん配合されていると、猫は喜んで食べますから、そこは銀のスプーンのメリットと判断出来ます。しかし、原料、固めの触感を出している物は穀物です。コーングルテンミール、トウモロコシ、パン粉が配合されていますが、これらは炭水化物にも該当する為、与えすぎは禁物です。運動はあまりしない猫に炭水化物の与えすぎは肥満の原因になりますから、ここは気にしたいところです。因みに猫は穀物は好まず、自発的にコーングルテンミールのみは食べないのです。グルメな生物ですから、魚や肉類の匂いが強い銀のスプーン製品を与えると良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です