コンボのキャットフードを分析

コンボのキャットフードでまず特筆すべきは、味や目的別、年齢別などの種類が豊富な点です。たとえば目的別であれば下部尿路疾患対策や毛玉対策、味であればマグロやカツオ、野菜ミックスなどが挙げられます。また、比較的低価格で販売されていることもあり、人気のキャットフードの一つと言えます。では、原材料や成分から見たときに、果たして安心して与えることは可能なのでしょうか。
まず始めに、猫は非常にグルメな動物なので、原材料や成分などを考える以前に猫が食い付かないと意味がありません。その点、コンボのキャットフードは、味の種類によって乾燥させた小魚や鰹節などが配合されているので、口コミや体験談の中には、以前のキャットフードよりも食い付きが良いという意見が多数見受けられます。そして、目的別に種類を分けていることもあり、原材料は全て国産に拘っているので、粗悪な原材料や低品質などはあまり心配する必要なく、猫に与えることができるでしょう。ここまで聞くとメリットばかりですが、実は大きなデメリットもあります。
まず、コンボのキャットフードの主原料はとうもろこしと、チキンミールと呼ばれるいわゆるくず肉を使用しています。きちんと加工されているので問題ないと考えられますが、そもそもとうもろこしの栄養素や成分は猫に悪影響をもたらす可能性があり、またチキンミールには通常、何らかのエキスや着色料が含まれているので、これも猫に悪影響をもたらす可能性があります。事実、原材料や成分を見てみると、着色料などの表記をいくつか見かけることができるので、その点は注意する必要があります。また、用いている油を確認すると、植物性だけならともかく、動物性のものも混ざっています。動物性の油脂は人間にもあまり良くないので、猫の健康に良いはずがありません。
このように、コンボのキャットフードには、メリットやデメリットが同居しているので、購入するときには慎重になって判断する必要があります。今後、デメリットを中心に改善させる可能性があるので、期待して待ちましょう。

コンボのキャットフードが少し不安だなぁと思われた方にはモグニャンキャットフードがおすすめかもしれません。

モグニャンキャットフードはミール系の原材料を一切使用していません。主原料に関しては新鮮な白身魚を豊富に使用しているので動物性タンパク質をしっかりと摂取したい猫にはこちらがおすすめかもしれません。無添加でグレインフリーという高品質なモグニャンキャットフードは少し金額が高いですがやはり良い原材料を使用しているのでより安心なキャットフードを与えてあげたいという方に一押しです。

JPスタイルのキャットフードを分析

JPスタイルはその名前からも分かる通り、全てを国産にこだわった日本製のキャットフードです。無香料かつ無着色なので安心して与えやすいキャットフードと言えます。その内容は小麦粉を始めとする穀物が多めとなっています。それらを酸化させないために自然由来のローズマリー抽出物が使用されていることは大きなメリットです。健康を少し考えた原材料として馬鈴薯たんぱくや削り節ミールも配合しています。国産ということに安心感を抱いている方も多いですが、キャットフードにおいて国産であることはそれほど重要とは言えません。人間の食事において国産が安心なのは、日本が食の安全について徹底した規定を設けているからです。しかし、キャットフードに関しては国際的に見ても日本の規定がそれほど厳しいわけではありません。そのため、国産だからという理由だけでキャットフードを選択するのではなく、しっかりと内容を見極める必要があります。まず、JPスタイルの大きな特徴となっている穀物が多めという点に着目します。穀物がたくさん入っているということは一定のボリュームを確保できるというメリットがあるものの、動物性のタンパク質が足りなくなるというデメリットもあります。そもそもネコ科の動物は基本的に肉食なので肉か魚の成分の必要性が高いです。加えてJPスタイルにはビートパルプやセルロースが含まれていますが、猫の弁を硬くしてしまうといったことも考えられます。JPスタイルは市販で知名度が高いということや、ローズマリー抽出物の使用など優れた点もありますが、総合的に見ればそれほどおすすめできないのが正直なところです。もちろん、猫の中には穀物を特に好んで食べる子もいるので一概には言えませんが、このキャットフードを使用する際には猫の体調に注意を払っておくことが大切です。メリットだけでなく、デメリットも鑑みてキャットフードを検討及び選択する必要があります。

モンプチのキャットフードを分析

モンプチのキャットフードの原材料は、穀類(米、コーングルテンミール、とうもろこし、小麦、シリアルブラン)、肉類(家禽ミール、ミートミール、ラムミール)、大豆ミール、動物性油脂、たんぱく加水分解物、魚介類(かつお節パウダー、まぐろミール、さけミール、えびミール、かにミール、フィッシュミール)、卵類、いも類、乳類(チーズパウダー、ミルクパウダー)、野菜類(野菜ミール)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、コバルト)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、アミノ酸類(タウリン)、着色料(食用赤色2号、食用赤色102号、食用青色1号、食用黄色4号、食用黄色5号)です。
この中で猫に悪影響を与える原材料として上げられるのは、主原料の穀類です。
また肉食である猫にとって重要な肉類もミールばかりで、粗悪な原材料を使用しているといわざるを得ません。
さらに着色料の多さからいっても低品質であることがわかります。
デメリットとしては猫への健康維持や栄養価に大きな問題があるという点になります。
猫は穀類を上手に消化することが出来ません。
とくに小麦やとうもろこしなどは消化に悪い上にアレルギーを引き起こす可能性も高いのです。
ミールとは粉状にして混ぜ合わせたものなので、必ずしも肉を使っているとは限りません。
ミールと称して毛や羽やくちばしなどの部分も使っている可能性があるのです。
その中でもミートミールは死骸や病死した動物の肉が使われている可能性がぬぐいきれません。
大豆ミールも大豆から成分を搾り取ったあとのカスのことなので、栄養がまったくありません。
メリットとしては猫の食いつきが良いことくらいでしょうか。
嗜好性は高いということになりますが、しかし毎日食べさせるフードには向いていないことは明らかです。

スーパーゴールドのキャットフードを分析

スーパーゴールドのキャットフードは原産国アメリカでメイン食材にチキンミールを使用しています。
下部尿路疾患やお腹の不調に配慮した原材料となっていまして合成保存料お着色料は使用していません。

スーパーゴールドのメリットは先ほども言いましたように猫にありがちなお腹の不調を考えた原材料や成分となっている所であり、食物繊維が含まれていますので消化管内の毛玉をスムーズに排泄できるようサポートしてくれます。
酸化防止剤・保存料や着色料は使用しておらず天然成分となっていますからお腹の健康や抵抗力を考えられています。

逆にスーパーゴールドのデメリットの部分になりますが、猫に悪影響を与える可能性がある粗悪な原材料が含まれています。
具体的に言えばミール、米、動物性脂肪、コーングルテンミール、コーン、セルロース、ビートパルプ、イースト、食塩となります。
乳酸菌やラクトフェリンといったお腹をサポートする原材料は良いのですが、これらの原材料はあまりよろしくありません。

特に注目したいのがチキンミールです。
チキンではなくチキンミールを使用しているのが特徴的であり、これはチキンのみではなく鶏のくちばしや羽等を粉状にして混ぜ合わせた低品質なものであり栄養価もほとんどありません。

一般的にチキンミールは安価なキャットフードに含まれている事が多く、チキンミールは肉だけではなく何が含まれているか分からないものとなります。
チキンミールに加えてコーンや米等の穀類も消化不良やアレルギーの原因となりますから猫にとってはあまり良いものではありません。
その他のセルロース、ビートパルプは食熱繊維になりますが配分が多いため摂りすぎの心配があり、イースト、食塩も含めて内蔵に負担を与える可能性があります。
動物性脂肪に関しましては何の動物か書かれていませんので怖い部分があります。

便秘解消に役に立つ成分ではありますが与えすぎてしまうと逆に軟便になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

スーパーゴールドは良い悪いが分かれてしまいますが、少し不安だなぁと思われた方にはモグニャンキャットフードがおすすめかもしれません。

モグニャンはミール系の原材料を一切使用していません。主原料に関しては新鮮な白身魚を豊富に使用しているので動物性タンパク質をしっかりと摂取したい猫にはこちらがおすすめかもしれません。無添加でグレインフリーという高品質なモグニャンキャットフードは少し金額が高いですがやはり良い原材料を使用しているのでより安心なキャットフードを与えてあげたいという方に一押しです。

銀のスプーンのキャットフードを分析

銀のスプーンというキャット専用のフードがあります。そのキャットフードに配合されている原料並びに、成分は猫にとってメリットになる成分と、デメリットになる成分があります。因みに銀のスプーン製品はたくさんありますが、一例を取り上げて分析します。猫に悪影響を与える、デメリットな成分であるタール色素は避けるべきです。タール色素とは人工的につくられた色素であり、ブルーベリーやリコピンといった天然色素とは全く違います。キャットフードのパッケージの裏側に成分記載表がありますが、記入されている成分は着色料「赤102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号」といった物が配合されています。それら着色料は製品の色付けをして、見かけを良くする為に使う目的と、品質の劣化を予防する目的で配合するのです。しかし、それら着色料は猫にとってはデメリットであり、食品目的で配合するならば、粗悪な原材料にも成りかねないのです。銀のスプーンは低品質なキャットフードではないですが、合成着色料は気をつけたいところです。続いて、銀のスプーンに配合されている魚介類に分類される、鰹節、マグロミール、カツオミール、チキンミール、煮干しパウダーといった食品は、猫にとってはメリットです。猫は基本的には肉食であり、特に食べ物では魚や肉の匂いが大好きです。肉類、魚類がたくさん配合されていると、猫は喜んで食べますから、そこは銀のスプーンのメリットと判断出来ます。しかし、原料、固めの触感を出している物は穀物です。コーングルテンミール、トウモロコシ、パン粉が配合されていますが、これらは炭水化物にも該当する為、与えすぎは禁物です。運動はあまりしない猫に炭水化物の与えすぎは肥満の原因になりますから、ここは気にしたいところです。因みに猫は穀物は好まず、自発的にコーングルテンミールのみは食べないのです。グルメな生物ですから、魚や肉類の匂いが強い銀のスプーン製品を与えると良いのです。

カルカンのキャットフードを分析してみました

猫に与えるキャットフードを選ぶ際には、原材料の質が確保されているか否かに注目したいものです。材料そのものだけで無く、どのような調理加工が為されているかまで目を配るのがポイントと言えます。消化吸収に負担の掛かるような状態の原材料が含まれていたり、低品質・粗悪な原材料が含まれていたりすると、消化不良等の症状の原因となって猫に悪影響を及ぼす可能性があります。最悪の場合は大きな病気の要因にもなり得るので、キャットフードの質には拘りたいところなのです。
そこで有名どころで、カルカンのキャットフードに焦点を当てて見ます。まずカルカンの製品のメリットとしては、ある程度の年齢層毎にドライ・パウチと質感の違う商品をラインナップし、猫の種別を問わずに対応可能なフードを提供している点にあります。加えて、猫にとって不足しがちな栄養素を主原料とは別に添加する等、栄養バランスにも充分な配慮が為されています。更に、原料に占める穀物の割合が多いので価格設定が安価で、ランニングコストの面でも優れています。
ですがこうした特徴がある故に、デメリットも散見されます。まず先述した栄養素も含んで添加物の種類が多い傾向にあり、保存料・着色料・酸化防止剤といった健康面においてあまり摂取が好ましく無いと思われる添加物も、配合された製品となっています。
また穀物割合の多さも、本質的に肉食である猫向けのフードとしては高く評価出来る点ではありません。そして全体の原材料の種類も多くなっているので、一部には加工度の低い原料があるとされ、消化の面でも若干不安が残ります。
実際にカルカンのキャットフードに関する口コミ等を調べると、消化面で問題を起こしていたり、猫自身が口にしないといったケースも散見されます。ただ逆にしっかり口にしてくれる場合には、値段の面や使い勝手の面で評価が高いケースも見られます。個々の猫の様子によって、評価が割れているものと推察出来ます。
そこで実際に利用を考える場合には、出来るだけ小さいサイズで猫が実際に示す反応を見るのが得策です。良し悪しはその反応に委ね、買い足すか別の商品に変えるかを検討すると良いです。